カラー等級

肉眼では見分けがつきにくいカラーの等級

結婚指輪はダイヤモンドにしたい と考えている人から「ダイヤモンド の純粋無垢な透明な世界に憧れて・・. :・」ということをよく聞きます。でも、 無色透明なダイヤモンドは、ほとんどないというのが現実です。

もちろん、ダイヤモンドは蒸留水のような無色透明なものを、最高のカラーとしてランクづけしていま す。日本では G I・Aの定めたカラーグレードを基準に、最高のランクを Dカラーとし、以下、アルファ ベット順に黄色のZカラーまで等級が分類されています。

そして、 Dカラーに近づけば近づ くほど、無色透明なダイヤモンドで あることを意味します。反対に、 Zカラーに近づくほど、黄色に近い色合いであることを示しているのです。

このランクづけのうち、上級のカ ラと評価されるのは一般的にはH カラーから上のもの。その分、販売価格も高くなっていきます。

「せっかくの結婚指輪なんだから、 できる限り Dカラ ーに近いものがい い」と考えるかもしれません。結婚指輪に賛沢にお金をかけることができれば、その考えでいいのかもしれ ません。実際身に付しかも Hカラー以上のダイヤモンド となると、肉眼ではほとんど色の差を区別することはできません。これ は一般の方だけでなく、プロの鑑定士も迷う微妙な世界なのです。ダイヤモンドのカラーに関しては、無色透明なダイヤモン ドのほかに、ファンシーカラーダイヤ モンドとして総称されているカラーダイヤモンドがあることも知っておきたいものです。ブルー、ピンク、イエロー、ブラウン、グリーン、パープル、黒など、ダイヤモンドには、多彩 なカラーバリエーションがあります。

天然のファンシーカラーダイヤモ ンドは、無色のダイヤモンドよりも 採れる量が少なく、その分、稀少価 値が高くなります。

色によっても評価および価格は 変わってきます。いちばん高い評価 はブルー、次いでピンクダイヤと続きますが、ほとんど採れないことか ら、広に出ることもあまりなく、値 段も天文学的な価格になってしまいます。これらに続いて、カナリーイエロー、ファンシーイエローも高い評価でその分、販売価格も高くなって しまいます。一般的に多いのが、イエロー、ブ ラウンダイヤモンドで、お手ごろな 価格のものがあり、透明感のある一 品は、最近では人気が上昇中です。

コメントは受け付けていません。